お知らせ

紅葉

紅葉

紅葉の美しい季節となりました。

 「紅葉(こうよう)」は、「もみじ」とも読みますが、その言葉の由来は何なのでしょうか。

 「もみじ」という言葉は、「草木の葉が赤、または黄色くなる」という意味の動詞「もみず(紅葉ず、もみづ)」に由来するそうです。その連用形「もみじ」が、葉の色が変わることや、紅葉そのものを指す名詞へと変化しました。

 そして、「もみず」の語源の有力な説は、染め物の「揉み出づ(もみいづ)」のようです。紅花染めには、ベニバナの花びらを使います。これを真水に浸けて揉むと、鮮やかな紅色を「揉み出せる」のだそうです。紅花染めに由来するのであれば、「赤葉」という漢字ではなく「紅葉」が定着したのも納得がいきます。

 そのため、言葉の成り立ちのうえでは、葉が赤や黄色に変わる草木はすべて「もみじ」であって、カエデはその中で代表的な植物のひとつだといえます。ちなみに、カエデという言葉は、葉の形をカエルの手と見立て、「かえるて」が縮まってできたというのが定説となっています。

 言葉の由来を知ると、また違った視点から見ることができて興味深いですね。